日ごろから気を付けたい肌ケア


ただ医療レーザー脱毛でも光脱毛でも肌に何らかのダメージと刺激を与えてしまうことに違いはありません。

メディオスターの場合は肌への負担をできる限り少なくしていますが、それでもソバカス予備軍やシミ予備軍があると、そのダメージから肌を守ろうとメラニンが活性化されてしまい気づけば肌に色素沈着が起きてしまっていたということもあり得るのです。

それを避けるためにも日ごろから気を付けておきたいことがあります。

まず日焼け止めを季節に関わらず使うことです。色が黒くなるほど焼けるのは夏だけですが、冬だってスキーやスノボで雪焼けしてしまうこともありますし、日常生活でも紫外線を浴びています。

紫外線は肌にとっては大敵ですから、季節に関わらず紫外線はできる限りブロックしましょう

またもし目で見てわかるほど日焼けをしてしまった場合は、その後1週間から10日程度は脱毛の施術を受けないようにしてください。

そして、日焼けをした場合はしっかりと保湿をしておきましょう。保湿をして潤いがある肌は乾燥してしまった肌よりは肌トラブルを起こしにくくなります。

メディオスターはメラニンに働きかける仕組みではないので、照射の光自体がソバカスやシミの原因にはなりませんが、強い光のダメージを与えることになるので自分でできるケアはできる限りしておきましょう。


【新着】
日ごろから気を付けたい肌ケア
ただ医療レーザー脱毛でも光脱毛でも肌に何らかのダメージと刺激を与えてしまうことに違いはありません。...
リンパマッサージとは
リンパマッサージという言葉を聞いたことがありますか?美容と健康に効果があるマッサージ方法として、美...
ダイオードレーザーの特徴は?
医療脱毛といえば、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーが有名です。 以前はアレキサンドラ...
アレキサンドライトレーザーによる肌トラブルは?
アレキサンドライトレーザーは医療機関で扱われている脱毛機なので、医師の指導のもと使用されますから安...
ダイエットを成功させるためのポイント
コンブチャクレンズは酵素ドリンクの一つですが、1日に30ミリリットル程度を目安に、炭酸水やお水、お湯...